沿革
1925年7月
(大正14年)
当社の前身である三鱗共同魚菜卸売市場は、生産者を主体とする水産物の自主的な販売機関として業務を開始した。
1934年7月
(昭和9年)
市内水印市場を吸収合併した。
1936年
(昭和11年)
北海道市場規則により果実惣菜の取扱を廃し、釧路魚卸売市場と改称した。
1943年
(昭和18年)
戦時下の配給機構の改革に基づき会社解散の止むなきに至ったのであるが、実質的集荷販売の直流を継承したのである。
1947年11月
(昭和22年)
終戦後の水産物の統制機構の変革に伴い前市場の構成により釧路鮮魚介類集出荷共同組合を創設して集荷販売の業務を営む。
1952年5月
(昭和27年)
戦時統制の撤廃に呼応して自由経済体制の推進とともに前機構を解散して、北海道市場条例に則り株式会社釧路魚卸売市場を設立し開業した。
1981年5月
(昭和56年)
社名を釧路魚市場株式会社に変更する。
1985年4月
(昭和60年)
本社新社屋を完成・竣工する。
1985年9月
(昭和60年)
新富士市場を竣工・オープンする。

休開市日カレンダー

2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

両市場休市日

副港市場休市日

新富士市場休市日